【値下げ】Nikon ニコン Ai-s 55mm/f2.8 micro

39年の歴史に幕!AI Nikon Micro-Nikkor 55mm F2.8S 描写性能解説 ※2020年9月6日制作

学校と、社会の違うところは、責任の対象。

学校は、どこまで行っても、自分に対する責任。もっと言えば、自分がちゃんとしてれば、それで良かった。

おそらく学校では習わないけど、現場では最初に教わることなんだよ。

例えば、3つのリンゴと、3回巻いたローブ、まるで共通点のない2つが、3という事象で一まとめにされます。

今、提唱されようとしている数学は、同じものの中に違うものを見ようとする考え方、従来の数学と完全に逆行する思考方法です。

人は個人であり、パーソナルであり、個性です。何人、いくら、何%では表記できるものではありません。改めて、そのことを肝に銘じたいと思いました。

あの手、この手で近づけようとするくせに、

近くにきたら、

言い訳ばかりして、離れよう離れようとする。

挙句に手が届かないところに行ったら、

ああもしておけばよかった、

こうもしておけばよかった、

と愚痴り倒す。

それが、

本当の幸せを知らない

僕らの『身勝手な歌』なのだ。

そして、スピードが上がって視界が狭くなり、周りを見る余裕がなくなります。

そうすると、道ゆく人への気遣いを忘れて、嫌な思いをさせても気がつかない。

調子が良く、勢いのついた時は怖いものです。

「自分」は、こう言ったら損か、得か。

「自分」は、どうしたら、少しでも立派に賢く見てもらえるか。

「自分」に、これは有利か、不利益か。

いつも世界と「自分」との調整に明け暮れて、評価をかき集めることばかり懸命になっている。

でも、外見を「自分」で固めると中身がない。

一番大事な「自分」がいない。

「自分」が外に漏れてしまっている。

What's the difference between Ai Micro-Nikkor 55mm 1:3.5 and Ai-s Micro-Nikkor 55mm 1:2.8.Nikon 55mm Micro Nikkor f2.8 Ai-S Vintage Lens Review.Nikon AI-S Micro-Nikkor 55mm F2.8絞り油染み・レンズカビ分解清掃!Disassemblyニコンレンズ.Nikon Micro-Nikkor 55mm f/2.8 : Stiff focus repair.NIKON MACRO LENS - 55mm Micro Nikkor f/2.8 AF Review.Nikon(ニコン) AI Micro-Nikkor 55mm f/2.8S レビュー with SONY α7 III.39年の歴史に幕!AI Nikon Micro-Nikkor 55mm F2.8S 描写性能解説 ※2020年9月6日制作.Remove old fungus In Micro-NIKKOR 55mm 1:3.5 ( Front lens group only ).Sticky aperture blades in Ai-s Micro-Nikkor 55mm 1:2.8 UPDATE 2021.Micro-NIKKOR 55mm f/2.8 AI-s (1979).40年前的尼康微距老鏡頭——Nikon AIS 55mmF2.8依舊銳不可當.Stiff Inner Helicoil in Micro-NIKKOR 55mm 1:2.8 AI-s.a7iiを2022年でも使えるカメラなのか.【TDL】Nikon Z7II・4K60P撮影 2022年10月19日撮影「ザ・ヴィランズ・ロッキン・ハロウィーン」 \"The Villains Rockin’ Halloween \".【AFエグい】EOS R7を4ヶ月使って分かった長期使用レビュー。良かった所と悪かったところ。果たして買いなの?.Remove old fungus with Hydrogenperoxide in Pre-Ai Nikkor 50mm 1:1.4.#510【雑談】Sony α7RⅤのスペックをNikon・Canon使いのSony信者が大胆予想.Micro-NIKKOR-PC Auto 55mm f/3.5のAi改造、サクッとやります。.Nikon Lens History by Ken Rockwell.【FUJIFILM】旧古河庭園の秋バラをオールドレンズで撮る【Nikon】.【前編】 AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G 三次元的ハイファイの威力! 単焦点レンズとズームレンズ描写の違い【前編】

にこやかに振る舞う外見に対して、心はいつも厳しく自己を見つめているのかも知れない。

そんな心の中を覗いた瞬間である。